HIVマップ - すぐに役立つHIV(エイズ)の情報サイト

HIVmap POST

Chottoshita Otegami ya Chirashi

NEWS 最新ニュース
  1. HIVマップポスト
  2. 最新ニュース
  3. エムポックス(サル痘)に感染したかも?と思ったらまずはこちら。症状・受診などのまとめ

エムポックス(サル痘)に感染したかも?と思ったらまずはこちら。症状・受診などのまとめ

April 11, 2023 Modified: 2023.05.10

2023年04月19日(月)更新

エムポックス(サル痘)は、欧米を中心に男性同士の性的接触による感染が流行してきましたが、2023年に入ってからは日本国内での感染が急増しています。

性別やセクシュアリティに関わらず誰でも感染する可能性がある感染症ですが、男性同士でセックスをする人は特に注意をする必要があるでしょう。エムポックス(サル痘)から身を守るために、予防方法・症状・治療・検査などについて正しく知りましょう。

HIVマップポスト
エムポックス(サル痘)が日本で感染拡大 ~現状を知って感染リスクを下げよう~
HIVマップポスト
https://hiv-map.net/post/mpox/

こんな症状はエムポックス(サル痘)かも?

エムポックス(サル痘)の症状は人によって様々ですが、もっとも特徴的なのは発疹(ブツブツ)です(発疹の画像1【英語・写真あり】発疹の画像2【英語・閲覧注意・写真あり】)。サル痘(mpox)の発疹は全身の様々な場所にできますが、性器や肛門の周辺にできることも多く、喉や肛門の内側などの見えにくい場所にできることもあります。発疹の痛みは、感じる人も感じない人もいます。その他、発熱、寒気、リンパ節の腫れ、倦怠感(だるさ)、頭痛、筋肉痛などがあらわれる人もいます。

感染してから症状が出るまでの潜伏期間は、通常は1~2週間(6~13日程度)です。思い当たるセックスなどがあってから1~2週間後に熱や発疹(ブツブツ)ができたら、エムポックス(サル痘)の可能性を考えてみましょう。また、発疹がなく、発熱などの症状だけの場合もあります。

エムポックス(サル痘)かもしれないと思ったら

医療機関を受診することをおすすめします。

エムポックス(サル痘)は梅毒や水痘(みずぼうそう)など発疹(ブツブツ)のある他の病気と症状が似ていて区別がつかないことがあります。診察の結果、エムポックス(サル痘)の疑いが強いと判断されると、発疹やかさぶたなどの一部を取って、エムポックス(サル痘)ウイルスがいるかどうかを調べます。結果がでるまでには1~2日くらいかかることが多いです。この検査は希望すれば受けられるものではなく、症状などから医師や保健所が総合的に判断して検査をするかどうかが決めます。

受診の際は、「サル痘の感染を心配している」ことを伝えるようにしましょう。男性同士の性的接触によるエムポックス(サル痘)の感染が世界中で多数報告されているため、エムポックス(サル痘)感染の可能性を医療機関で伝えることにハードルを感じる人もいるでしょう。しかし、エムポックス(サル痘)の可能性を伝えることは、より早く的確な診断につながる助けとなります。

医療機関では、主として症状を緩和する治療を行います。不安があれば、生活上の注意点などのアドバイスを受けることもできます。発疹(ブツブツ)がかさぶたとなって落ちるまで約3週間は他の人へ感染させてしまう可能性があるため、セックスやスキンシップを控えましょう。また、感染防止のための生活上の注意も必要です。

感染症対策支援サービス(国立国際医療研究センター 国際感染症センター)
セルフケア ~エムポックス(サル痘)と診断された方や感染が疑われる方へ~
感染症対策支援サービス(国立国際医療研究センター 国際感染症センター)
https://dcc-irs.ncgm.go.jp/document…

エムポックス(サル痘)は発症してから2~4週間で自然に治ることが多いですが、著しく免疫力が落ちている場合などは稀に重症化することがあります。HIV陽性者で、治療をしていない/治療を中断している場合は、抗HIV薬を開始して免疫力を高めておくのはエムポックス(サル痘)に対しても良い選択となります。また、HIVに感染しているけれど気づいていない場合は、知らないあいだに免疫力が低くなっているかもしれないので、エムポックス(サル痘)に気をつけるとともに、HIV検査を受けることをお勧めします。

あんしんHIV検査サーチ|HIVマップ
ゲイバイセクシュアルにやさしい あんしんHIV検査サーチ
あんしんHIV検査サーチ|HIVマップ
https://hiv-map.net/anshin/

どんな医療機関に受診すべきか【東京都内】

エムポックス(サル痘)は2022年までは非常にまれな病気でしたので、日本ではサル痘(mpox)の患者を診断・治療した経験があるクリニックや病院はそれほど多くありません。そのため、ある程度の受け入れ準備が整ったクリニック・病院を受診したほうが、よりスムーズに診断・治療につながるでしょう。

東京都内には、エムポックス(サル痘)を積極的に受け入れている総合病院、ゲイフレンドリーなクリニックなどがあります。「エムポックス(サル痘)かな?」と思ったら、まずはこうした医療機関に連絡を取ってみることをお勧めします。その他にも、エムポックス(サル痘)に関して保健所が連携している地域の医療機関がある場合もあります。保健所に相談をしてみるのもよいでしょう。

また、HIV陽性で通院中の人は、エムポックス(サル痘)の症状があるかもしれないと思ったら、HIV感染症の主治医に連絡をとって相談をしましょう。

エムポックス(サル痘)を診療する主な医療機関【東京都内】

まずは、電話をかけて「サル痘に感染したかもしれない」と伝え、どのように受診したらよいか(曜日・時間・受診する際の注意など)をたずねてください。

下記は、エムポックス(サル痘)の診療を行うことを表明している東京都内の医療機関のリスト(2023年3月時点)です。体制が整い次第、他の地域や施設の情報を増やして更新していく予定です。また、この他にも、保健所が把握している医療機関がある場合もあります。

総合病院

慶應義塾大学病院

臨床感染症センター

東京都新宿区信濃町35

03-3353-1211

国立国際医療研究センター病院

東京都新宿区戸山1-21-1

03-3202-7181

聖路加国際病院

感染症科

東京都中央区明石町9-1

03-3541-5151

東京大学医科学研究所附属病院

感染免疫内科

東京都港区白金台4-6-1

03-3443-8111

東京都立豊島病院

感染症内科

東京都板橋区栄町33-1

03-5375-1234

東京都立松病院

内科

東京都世田谷区上北沢 2-1-1

03-3303-7211

東京都立駒込病院

東京都文京区本駒込3-18-22

‭03-3823-2101‬

電話にて「サル痘についての相談」と伝えてください

東京都立広尾病院

東京都渋谷区恵比寿2-34-10

03-3444-1181

週1回外来で対応可

東京都立荏原病院

東京都大田区東雪谷4-5-10

‭03-5734-8000‬

東京都立墨東病院

東京都墨田区江東橋4-23-15

‭03-3633-6151‬

東京都立多摩総合医療センター

東京都府中市武蔵台2-8-29

‭042-323-5111‬

  • かかりつけ医などからの紹介状がない場合、初診時にはだいたい7,000円~1万円以上の特別料金(選定療養費)が必要となります。
  • 休日や時間外の診療については、スムーズに対応できない場合があります。

クリニック

KARADA内科クリニック五反田院

月曜~土曜 10:00~13:00、15:00~19:00

東京都品川区西五反田1-2-8 FPG links GOTANDA 10階

03-3495-0192

KARADA内科クリニック渋谷院

月曜~金曜 10:00~13:00、15:00~19:00
土曜・日曜:09:00-12:00、13:30-16:30

東京都渋谷区神南1-23-13 丸大ビル6F

03-6416-3127

新宿東口クリニック

月曜~金曜 10:00~14:00、15:30~19:30
土曜 10:00~14:00 、日曜・祝日(月1~2回) 10:00~16:00

東京都新宿区新宿3-17-5T&Tlllビル6階

03-5366-3389

石神井公園駅前えんじゅ内科クリニック

月曜~火曜、木曜~土曜 9:00~13:00、16:00~20:00
水曜、日曜、火曜午前は内視鏡検査のみ

東京都練馬区石神井町3丁目24-7, 岩田ビル3階

03-3995-7700

プライベートケアクリニック東京 新宿院

月~土曜 11:00~13:00、14:30~20:00

東京都新宿区西新宿7-10-7加賀谷ビル3F

03-5337-6611

プライベートケアクリニック東京 東京院

月~土曜 11:00~13:00、14:30~20:00

東京都中央区日本橋2-2-2マルヒロ日本橋ビル4F

03-5255-6611

  • 診療の一環でサル痘(mpox)の診察等を行っています。電話相談だけを行うことはできません。
  • 検査は医師と保健所により、症状などから総合的に判断して検査をするかどうかが決めます。希望すれば必ず検査が受けられるわけではありません。

相談窓口(都内の保健所)

住んでいる地域の保健所に相談してみてましょう。相談はとく名で受けることができますが、病院への受診調整が必要になる場合、個人情報を聞かれることがあります。また、サル痘が疑われるかを検討するため、感染が疑われる機会の話を質問されることがあります。

千代田保健所

千代田区九段北1-2-14

‭03-5211-8161

中央区保健所

中央区明石町12-1

03-3541-5936

みなと保健所

港区三田1-4-10

03-6400-0050

新宿区保健所

新宿区新宿5-18-21

03-3209-1111

文京保健所

文京区春日1-16-21

03-5803-1223

台東保健所

台東区東上野4-22-8

03-3847-9401

墨田区保健所

墨田区吾妻橋1-23-20

03-5608-1111

江東区保健所

江東区東陽2-1-1

03-3647-5906

品川区保健所

品川区広町2-1-36

03-5742-9132

目黒区保健所

目黒区上目黒2-19-15

03-5722-9586

大田区保健所

大田区蒲田5-13-14

03-5744-1263

世田谷保健所

世田谷区世田谷4-24-1

03-5432-2432

渋谷区保健所

渋谷区宇田川町1-1

03-3463-1211

中野区保健所

中野区中野2-17-4

03-3382-6661

杉並保健所

杉並区荻窪5-20-1

03-3391-1025

池袋保健所

豊島区東池袋4-42-16

03-3987-4172

北区保健所

北区東十条2-7-3

03-3919-3101

荒川区保健所

荒川区荒川2-11-1

03-3802-4243

板橋区保健所

板橋区大山東町32-15

03-3579-2321

練馬区保健所

練馬区豊玉北6-12-1

03-5984-1017

足立保健所

足立区中央本町1-5-3

03-3880-5372

葛飾区保健所

葛飾区青戸4-15-14

03-3602-1274

江戸川保健所

江戸川区中央4-24-19

03-5661-2464

八王子市保健所

八王子市明神町3-19-2 東京都八王子合同庁舎5階

042-645-5111

町田市保健所

町田市森野2-2-22 7階

042-724-4241

西多摩保健所

青梅市東青梅1-167-15

0428-22-6141

南多摩保健所

多摩市永山2-1-5

042-371-7661

多摩立川保健所

立川市柴崎町2-21-19 東京都立川福祉保健庁舎内

042-524-5171

多摩府中保健所

府中市宮西町1-26-1 東京都府中合同庁舎内

042-362-2334

多摩小平保健所

小平市花小金井1-31-24

042-450-3111

島しょ保健所

新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス24階 郵便私書箱7028号

03-5324-6532

About US

HIVマップでは、厚生労働省、厚生労働科学研究班等の依頼に基づき、ゲイ・バイセクシュアル男性の性の健康にとって重要な注意喚起として、当記事を掲載いたします。

編集 : HIVマップ制作チーム
協力 : 感染症コミュニケーション円卓会議
研究班名 : 厚生労働科学指定研究事業「バイオテロ対策のための 備蓄されている細胞培養痘そうワクチンの備蓄等,バイオテロ 病原体への検査対応,公衆衛生との関連のあり方に関する研究」

※感染症コミュニケーション円卓会議は、コミュニティの代表、医療・研究機関、行政が、感染症についての情報発信などについて検討、実施する任意の団体です。
参加団体・機関:akta、ぷれいす東京、MASH大阪、国立感染症研究所、国立国際医療研究センター、厚生労働省、東京都

HIVmap POSTの一覧へ