HIVマップ - すぐに役立つHIV(エイズ)の情報サイト

HIVmap POST

Chottoshita Otegami ya Chirashi

NEWS 最新ニュース
  1. HIVマップポスト
  2. 最新ニュース
  3. エムポックス(サル痘)3月の速報値―2月の5.8倍に急増、地域も拡大

エムポックス(サル痘)3月の速報値―2月の5.8倍に急増、地域も拡大

April 13, 2023 Modified: 2023.04.13

2023年04月13日(月)公開

厚生労働省のmpox最新報告はこちら
(サル痘報道発表資料 |厚生労働省 (mhlw.go.jp))

2022年5月から世界的に感染が拡大してきたエムポックス(サル痘)は、性別やセクシュアリティに関わらず誰でも感染する可能性があります。しかし、今回の流行の重要な特徴は、男性同士の性的接触による感染が多く報告されていることです。

日本国内では、2022年は月に1~2人くらいで推移してきました。しかし、2023年1月が10人、2月が12人、そして3月は69人と急増しています。3月末までの感染者は計99名で、全員が男性(10代~60代)でした。首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)在住者が多数を占めていますが、その他の地域(茨城・静岡・大阪・兵庫・高知・徳島)の在住者も報告されるようになりました。

2023年になってからは、ほとんどが海外渡航歴のない人で、すでに国内での感染拡大が起きていると考えられています。欧米では落ち着きを見せつつあるエムポックス(サル痘)の流行が、日本ではこれから本格的な流行に入る可能性があり、特に男性同士でセックスをするときには充分な注意が必要です。

エムポックス(サル痘)から身を守るために、症状・検査・治療のこと、どうやって感染するのかを正しく知り、一人ひとりができる予防方法についても考えてみましょう。

認定NPO法人 ぷれいす東京
MPOX GUIDE BOOK(エムポックス・ガイドブック)
認定NPO法人 ぷれいす東京
https://ptokyo.org/eBook/mpox_guide…
HIVmap POSTの一覧へ